救急医療現場から をお勧めします

医療法人 コジマ会

ジャパン藤脳クリニック

突然死とメタボリック症候群

突然死を防ぐための(死なないための)スペシャルドックをお勧めします

突然死とメタボリック症候群

突然死とは、「予期していない突然の病死」のことを言い、発症から死亡までの時間が24時間以内と医学的に定義されています。死亡総数に占める死因割合を厚生省人口動態統計からみていくと、第一位ガン(悪性新生物)約30%、第二位、第三位は心臓病、脳卒中がほぼ同数で両者を合計すると約30%になります。

突然死における心臓病の割合は約60%で、心臓突然死には、発症1時間以内に死亡する瞬間死もあり、その原因は心筋梗塞であります。脳卒中には、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などがあり、突然死を免れても植物症などの重度障害を遺す場合もあります。その他、胸部・腹部大動脈瘤破裂なども突然死します。これらの原因となる病態は、ずばり動脈硬化です。

このページをご覧いただいているあなたに、もし明日のこの時間にあなたがすでにこの世にいなかったら・・・家庭でのあなたも、職場でのあなたも・・・大切な人達がどんなに捜しても、そこにもうあなたがいなかったらと考えて下さい。突然死を防ぐ努力をすることは、あなたの努めです。

現在、メタボリック症候群が注目され、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症に目を向け、血管の動脈硬化を防ぐ必要性がクローズアップされています。脳血管、心血管、全身の大血管をチェックし突然死を予防しましょう。

突然死予防ドックをお勧めします。


心臓の栄養血管である冠動脈が、閉塞すると心筋梗塞が起こる。左冠動脈主幹部の閉塞は、突然死をきたす。



脳の血管が閉塞すると、脳梗塞が起こる。突然死を免れても重度障害が残る。



胸部・腹部大動脈瘤破裂なども突然死をきたす。

突然死をふせぐために

救急医学の現場でCPA(心肺停止)で来院する方々の原因は、
突然死の原因には心筋梗塞、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)、胸部・腹部大動脈瘤破裂などがあります。心筋梗塞は、心臓の栄養血管である冠動脈の血流の途絶によって起こります。その原因は、動脈壁に脆弱性プラークができることです。


正常な血管 内腔が狭窄した血管 脆弱性プラークが破綻

血小板凝集により内腔が閉塞


これにはLDL(悪玉)コレステロールが関与しています。このプラークが破ぶれて傷ができると、この傷をふさぐために、血小板が凝集し血液が固まってしまい、流れなくなくなることです。また血管壁に石灰化などが起こり、血管の内腔が狭くなると、狭心症という胸が絞め付けられるような痛みが起こります。脳梗塞の原因も血管の内腔が狭くなったり、裂け目を修復するための血小板凝集により、血管が詰まることで発生します。脳出血や胸部・腹部大動脈瘤破裂の原因は、弾力性を失った血管が裂けることで、これらの本態は、動脈硬化であります。クモ膜下出血の原因は、脳動脈瘤の破裂ですが、動脈硬化があれば破裂しやすく、同じサイズの動脈瘤でも高血圧、喫煙により破裂しやすくなります。これらはいずれも動脈硬化性疾患で、突然死をふせぐためには、動脈硬化をふせぐことが大切です。

突然死スペシャルドックをお勧めします

 Home   ←Back   ↑Top